便秘なワンちゃんにはドンンアドッグフードがいいの?
  • 【基礎知識】犬の便秘の原因・対処法を詳しく知ろう
  • 愛犬家に評判!犬の腸内環境を整えてくれるサプリ10選
  • 犬の病気の種類を知ろう。もっともかかりやすい病気は何?
  1. 便秘がちな犬におすすめのドッグフードの選び方

愛犬の便秘症状には
どんなドッグフードを与えればいいの?

便秘がちなワンちゃんにオススメのドッグフード

便秘がちなワンちゃんにオススメのドッグフード

ワンちゃんが便秘がちなとき原因を特定するのは難しいですが、与えているドッグフードを変えてみるというのは比較的簡単ですぐにできる対処法のひとつです。そこで、便秘のときに変えるとしたらどんなドッグフードが良いのかについて書いていきたいと思います。便秘中、あるいは便秘予防のために選ぶ際は、穀物を使用しておらず肉材料の割合が多いものがおすすめです。穀物のタンパク質や炭水化物は犬が消化しにくい成分で、それによって便秘になることがあります。

また、ビートパルプやセルロースを含むドッグフードは避けるようにしてください。これらの成分は不溶性食物繊維なので、摂取したときに便秘を悪化させてしまう可能性があります。ドッグフードは毎日食べるものですから、できる限り安全性が高く、安心して与えられるものを選びましょう。

水分不足で便秘に?ドッグフードの与え方にも注意

水分不足で便秘に?ドッグフードの与え方にも注意

注意しなければならないのはドッグフードの種類だけではありません。ドッグフードとワンちゃんとの相性は当然あるのですが、与え方によってはせっかく便秘対策に選んだドッグフードでも便秘の原因になってしまうケースがあるのです。

ドッグフードを与えるとき、必ず用意しておかなければならないのが水です。私たちも食事のときに何気なく水分を摂っていますよね。同様に、犬が食事をするときにも水分はすぐに飲める場所にきちんと用意しておいてあげましょう。これはドライフードに含まれる水分量が輸送や保存の問題から極端に低くされていて、食事の際に足りない水分を補うことを前提に作られているためです。水を飲まないワンちゃんならドライフードをふやかして与えたりするなど、水分を補えるように工夫をしてみましょう。

ウェットフードのメリット・デメリット

しかし、水分不足が便秘の原因ならわざわざドライフードをふやかさなくても、最初からウェットフードをあげてしまえばいいのでは、と思いますよね。私も正直、幼犬の頃にふやかしていたときはそのまま与えている今よりも手間でしたし、ウェットフードでいいならそちらの方が簡単です。

ですが、実はウェットフードは歯石や口臭の原因になりやすく、1食分の栄養価が高くなり過ぎるといった問題点があります。便秘を防ぐことができても肥満になってはまた新しい問題が生まれますから、ウェットフードも良いことばかりではないのです。ただし、噛む力が弱いワンちゃんや、老犬の場合などはウェットフードの方が食べやすく、食いつきも良いので、ワンちゃんの好みや様子を見ながら最適なタイプを選んでいきましょう。

PAGE TOP