犬が便秘の場合病院に行く目安ってどんなもの?
  • 【基礎知識】犬の便秘の原因・対処法を詳しく知ろう
  • 愛犬家に評判!犬の腸内環境を整えてくれるサプリ10選
  • 犬の病気の種類を知ろう。もっともかかりやすい病気は何?
  1. 犬の便秘で病院に行く目安は?危険な便秘ってあるの?

犬の便秘はどれくらいの目安で
病院に行けばいいの?

犬の便秘で動物病院を受診する目安

犬の便秘で動物病院を受診する目安

もし愛犬が便秘だと思ったらどうするのが良いのか、迷ったことはないでしょうか。本当に症状が重くなってから病院に連れて行くのでは遅いですし、かといってどのタイミングで連れて行くべきかわかりませんよね。私も飼っているトイプードルが便秘気味になったとき、病院に連れて行くべきなのか、家で様子を見るべきなのか本当に迷いました。

目安としては4日以上排便がない場合や、力んでいるときに嘔吐してしまった場合、お腹を触って痛そうにする場合はすぐに病院に連れて行くようにしましょう。また、排便が少なく元気がないときも受診をおすすめします。人間と違い、犬は自分で不調を訴えることができないため、少しでも普段の様子と比べておかしいと思ったら病院でしっかり診てもらうことが大切です。

病院で行われる便秘治療

病院で行われる便秘治療

便秘で病院へ行くと、一般的に食事の変更や便を柔らかくするためのサプリメントを与えるといった治療を行います。症状によっては投薬や、浣腸と便のかき出し、点滴をすることもあります。

ただし、症状によっても異なるのですが、治療内容次第では高額な治療費がかかることもあります。これは動物が国の医療保険の適用外となっているためで、全額飼い主負担になります。ペットショップで購入する際には保険加入をすすめられることが多いですし、万一の時に備えてなるべく保険へ加入しておくと安心です。

放っておくと危険!便秘から考えられる病気

病院で診察した結果ただの便秘でほかに病気がなかったとしても、腸内環境が悪化したまま放置しておくことは危険です。腸内環境の悪化によって便秘だけでなく様々な病気やトラブルを引き起こすことがありますし、さらに怖いのが病気の症状として便秘になっているケースです。

がんや腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、椎間板ヘルニアなど、便秘を引き起こす病気は多くあります。腫瘍ができると消化管が閉塞したり、前立腺肥大だと直腸が圧迫されます。また、犬にありがちなトラブルのひとつである異物誤飲も消化管の閉塞により便秘を起こすことがあるため、可能性は絞りきれません。だからこそ、愛犬の命と健康を守るために早めの対処を心がけることが重要になるのです。

少しでも怪しいと感じたら、水分を多めに摂らせるようにしたり、散歩を少し増やしてみるなど、日常生活の中でできることから行っていきましょう。

PAGE TOP